他の人はどんな介護をしているのか?

  1. わかってはいても何度も何度も同じことを聞かれると辛いケース

    N・Sさんのお宅では、デイサービスを利用なさっていました。デイサービスとは、通所介護のことです。

    続きを読む
  2. 職員不足での国任せ、認知症高齢者はこうして孤立を深めていく

    認知症高齢者はこうして孤立を深めていく介護施設が不足していることで、国は在宅でのケアを推し進めています。

    続きを読む
  3. 思い描いた老後とは違う現実に、一時は自殺も考えた。

    「あの世に逝くまで見送りたい」 認知症介護の現実として2ケースをご紹介します。 1ケース目:娘さんを介護するお母さまのお話です。お父さまは81才お母さまは79才。娘さんは57才になります。

    続きを読む
  4. 最善の施設を選ぶことが、できる限りの母への愛だった。

    大切な家族への愛「せめて最善の施設を選びたい」自営業で働いてらっしゃるUさん(51)は7年前(当時44歳)、もともと別居していた認知症のお母さま(79)の介護を「自分でするよりもきちんとしたところに任せたほうがいいと思い、有料老人ホームに入所させました。

    続きを読む
  5. 「もう自宅での、介護は限界だわ」施設の利用は不義理なのか?

    介護破綻を避けるためにも前もって施設入所の予約を施設の利用は介護放棄ではない( I・Oさんの場合)「もう自宅での、介護は限界だわ」私(I・Oさん)は脳梗塞で通院している70代の義母を介護していました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!