介護殺人の例

  1. 現在日本でどれくらいの頻度で介護殺人が起きているかご存知でしょうか。

    現在日本でどれくらいの頻度で介護殺人が起きているかご存知でしょうか。およそ“2週間に1件”の割合で発生していると言われています。 “介護疲れ”から、大事な家族であるはずの人の命を自ら奪ってしまう『介護殺人』は、2010年以降の6年間に少なくとも「138件」起きています(未遂など含む)。

    続きを読む
  2. 認認介護をご存知ですか。その実態をお伝えします。

     認認介護の事例認知症が進行する奥さんを、初期の認知症の旦那さんが介護する夫婦。ある夜、奥さんに腹を立てた旦那さんが、奥さんの顔面を電話の受話器で殴ってしまったそうです。その記憶が旦那さんにはないようで。翌朝、顔にあざを作った奥さんの顔を見て、旦那さんは「どうした。

    続きを読む
  3. 生活保護が認められず借金生活となる親子。

     乱暴とは存じますが3行でまとめると、 ・母の介護を自分で背負った男性 ・生活保護が認められず借金生活となる ・母と共に死ぬことを図ったが、自分だけが生き残ったそんな事例があります。男性が、認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件がありました。

    続きを読む
  4. こうして介護殺人は起こる。その想いとは

    いま日本では2週間に1度は”介護殺人”が起きている介護殺人の受刑者はこう言う。

    続きを読む
ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!